Event is FINISHED

Mother's Day Event 2018 #DearMothers

Description

Mothers Day Event 2018 #DearMothers


母の日は、いつも何をして過ごしていますか?

日曜日なのでゆったり休んだり、家族でお出かけしたり、久々に友人と過ごしたり、様々な過ごし方があると思います。

母の日の主役は、もちろんお母さん達。

いつも自分の時間をあまり取れていないからこそ、自分のこれまでの振り返りや今後のありたい姿などを考える日にして見ませんか?


この特別な日に、Lean In Tokyodot.schoolで、働いているお母さんに送る #DearMothersキャンペーンのローンチイベントとして、お母さんたちを対象とした『Mothers Day Event 2018 #DearMothers (dot.school & Lean In Tokyo合同イベント)』を開催します!

当日は、「働くママ同士で"自分らしさ"について語ろう」というタイトルで、様々な働き方をされている方々をお呼びし、子育てや働くこと、自分らしさを大切にするための方法や失敗談などをお伺いします。いつもは中々聞けない「仕事と子育てのベストなバランス」や「働くママの本当の時間割」、「育児に割いてる時間」、「夕飯は毎日手作りするべきなのか」、「習い事はさせるべきなのか」などなどぶっちゃけトークをしていただきます!

その後のワークショップでは、毎日忙しくて中々振り返ることのできないこれまでの経験や自分を見つめ直す時間を過ごしていただければと思っています。そして、最後はネットワーキングイベントを通じて、働くママ同士でお互いを支え合う仲間を見つけていただければと思っています。

パネルディスカッションは、経営者として独立した青木さんとフリーランスとして来年本を出版する矢作さん、そしてBusiness Insiderで記者として働く滝川さんをゲストにお迎えします。子育て、そして自分の人生においての失敗や幸せな瞬間や、自分らしさを大切にするために工夫していることについて、お話いただきます。ワークショップとネットワーキングでは、お互いの育児や母としての生活の中で、失敗したと思ったことを共有することで、完璧じゃなくてもいい「自分らしさ」を再発掘しましょう!

さらに今回のイベントは、親子で参加可能なイベントです。dot.school企画の特別レッスン(お母さんのために絵本を作るワークショップ)を、お子様にご用意しておりますので、是非親子でご参加下さい。

ご予約・ご詳細は別途こちらのページのONE DAY PROGRAM一覧より申し込みください。


■イベント対象者

・子育てをされている方

・ご出産予定の方

※女性・男性は問いません。お子さんの年齢も問いません。


■参加によって得られること

・お互いの様々な失敗談から学んだノウハウが聞ける

・中々聞けない他のママの実際の育児について聞ける

・自分のことを振り返る時間が持てる

・お互いにサポートしあえる仲間が見つかる

ご興味のある方はぜひご参加ください!


■当日の概要

・オープニング(10分)

・パネルディスカッション(45分)

・ワークショップ(45分)


■スピーカーのご紹介

青木 想氏

20073 慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、同年4月に新卒で株式会社リクルート(現リクルートマーケティングパートナーズ)に入社。

計数管理、事業戦略立案から法務、総務業務、サイト設計など、リクルートの企画職を全て経験。入社3年目と6年目に出産をし、キャリアの半分以上をワーキングマザーで過ごす。離婚を機に、一度しかない大切な人の、大切な人生に、自分が直接役に立てるような仕事をしたいと思い、20166月から全く畑違いのフルコミッションの外資系金融機関の営業職へ転職。20182月に株式会社Loveableを設立。『あなたの愛すべき人生をマネーデザインでいつまでもあなたらしく』をビジョンに、フィナンシャルアドバイザーとしてお客様の資産形成を支えながら、リクルート時代の経営企画のスキルを活かし、情熱と高い志をもつベンチャー起業を中心として経営支援に携わる。二児の母(7歳と5歳)。

滝川 麻衣子氏

大学卒業後、産経新聞社入社。広島支局、大阪本社を経て2006年から東京本社経済記者。ファッション、流行、金融、製造業、省庁、働き方の変革など経済ニュースを幅広く取材。2017年4月からBusiness Insider Japanで働き方や生き方をテーマに取材。二児の母(6歳と3歳)。


矢作 千春氏

筑波大学大学院医科学研究科修了後、大手広告会社、出版社の企画・編集職を経て、20161月にフリーの編集者・ライターとして独立。

訪日外国人向けのメディアや街歩きの情報誌・Webメディアで企画、取材、執筆を担当。

日常に旅ををコンセプトに、ワタリドリ製作所名義でも活動中。ワタリドリが軽やかに国境を越えて旅するように、様々なフィールドで活躍する人たちと一緒にモノづくりをしている(執筆、編集、イベント企画、商品開発etc)。

旅が好きで訪れた国は20ヶ国以上。様々な国の手仕事モノや骨董品、鉱物など、人や自然が長い年月をかけて生み出す美しい物を蒐集している。二児の母(1歳と4歳)。

開催概要

日時:513日(日) 10時〜12時(9:45開場)

場所: 100-0005 東京都港区赤坂9丁目7 ミッドタウンタワー8 Bain & Company Japan Inc. オフィス

会費:500

お子様のレッスン(お母さんのために絵本を作るワークショップ)の申し込みはこちらのページのONE DAY PROGRAM一覧より別途お申し込みください。

主催:一般社団法人Lean In Tokyo、株式会社Selan (dot.school)

申込方法:本ページの「チケットを申し込む」より参加登録へお進みください

定員になり次第、締切とさせていただきます

会場内は、お子様をお連れいただけます。また、お子様を見られる付き添い(男性も可)の方に来ていただいても可能です(その方は無料になります)。その場合、会場の後方のスペースがございますが、遊具などはございませんので、ご了承くださいませ。

イベント2週間前からのキャンセルについては、お金の払い戻しをいたしません。ご留意くださいませ。


一般社団法人Lean In Tokyoについて

Lean Inとは、「一歩踏み出すこと」「挑戦すること」を意味します。Facebook COOシェリル・サンドバーグの著書 ”Lean In” が主体となっています。真の男女平等な社会を実現するには、男性も女性も自由に選択することのできる社会をつくることが必要と考え、そのための一つの方法として、女性が野心を忘れずに、自分がやりたいことを挑戦できる社会を実現することが大切だと書きました。そして、女性が挑戦するためにはどうすれば良いのか、野心を見失わずに、やりたいことをやるためにはどうすれば良いのか、ということが書かれています。「女性が野心を持って、挑戦することができる社会」を実現するために、シェリルは物理的かつ継続的なサポートが必要と考え、LeanIn.Orgを立ち上げました。女性が1人ではなく、コミュニティ・サークルを持ち、お互いが支え合うことによって、社会を変えていくことができると考えたからです。

こうして出来たLeanIn.Org1つの概念がChapter / Circleという考えてあり、小さなグループでの定期的なミーティングや、経験談をシェアするネットワーキングイベントなど様々なイベントを実施しています。Lean In Tokyoは、このLean In Chapterの一つとして、そして日本で唯一のRegional Leader Chapter (地域代表)として米国から選ばれており、東京を拠点として活動している非営利団体です。また、Lean In Asiaの日本代表メンバーとして活動もしております。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#335597 2018-05-07 11:28:45
More updates
Sun May 13, 2018
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ミッドタウンタワー8階 Bain & Company Japan Inc. オフィス
Tickets
一般 SOLD OUT ¥500
Venue Address
〒100-0005 東京都港区赤坂9丁目7−1 Japan
Organizer
Lean In Tokyo (リーンイン東京)
1,422 Followers